Top
david pain日記
davidpain.exblog.jp
タグ:素敵なお店 ( 8 ) タグの人気記事
おすすめの本屋さん
新しい古絵本屋さんの情報です!

b0116902_5555527.png


以前もこちらでご紹介したことのある本屋さん、trixis books の絵本屋さん。
trixis books は、ネットの古本屋さんです。
店主のおすすめの言葉を読んでいると、すべての本がほしくなってしまう、本好きには大変困った本屋さんですが、その絵本屋さんもまた、セレクトがとっても魅力的!
お子様用にはもちろん、大人がしみじみ楽しめる絵本が、きっと見つかります^^

ちなみに、
b0116902_662249.jpg

b0116902_664333.jpg

これ。
お客様から大好評の、ダヴィッドパンのはんこです。
ダヴィッドパンで時々販売しているエコバッグと、運が良ければ紙袋にもたまに押してあります。
trixis books は、なんと広告のデザインもやってくれます!
このはんこは、trixis books little の店長さんにデザインしていただきました。
ダヴィッドパンの宝物です。

大きなチェーンの古本屋さんに行っても、「何か違う・・・」とご不満のみなさまにおすすめです。
[PR]
by davidpain | 2013-06-26 06:13 | 休日 | Trackback | Comments(0)
お花とchocolat
いつも年間行事はなんとなくスルーしてしまうダヴィッドパンですが、
今年のバレンタインデーは違います!笑

つくば市梅園にある素敵なお花屋さん、「アクアブルーム」さんとコラボして、
生花のアレンジメントまたはプリザーブドフラワーのアレンジメントと
ダヴィッドの焼き菓子のギフトボックスを予約販売いたします。
b0116902_11362544.jpg


2月2日以降のお受け取りが可能です。

大まかではありますが、概要を記します。

b0116902_1173517.jpg

小さな箱に、ゴージャスなプリザーブドローズ(天然ダイヤモンドラメ付)と、カヌレ(4つ)とゆず風味のホワイトチョコレート(4つ)。
お花の色は、ベビーピンクかホットピンクからお選びください。
お値段は3150円です。
b0116902_1174930.jpg




そして、大きな箱には贅沢に生花を使ったアレンジメントと、カヌレ(5個)ゆず風味のホワイトチョコレート(7個)、フィナンシエ・オランジュ(5個)とショコラーヴ(2枚)。
お花は、ふんわり優しい色のアレンジか、赤い情熱的な色のアレンジからお選びください。
お値段は6090円です。
b0116902_1153351.jpg

b0116902_1174270.jpg



アクアブルームのオーナーフローリストのまりさんが作るアレンジメントは、シックでゴージャス!
とても大人っぽいので、あらゆるシーンに使えそうです。

フランスでは、バレンタインデーは、むしろ男性が女性へお花を贈ることが多いです。
バレンタインデーには、花束を抱えた男性が街にたくさんいました。
普段からフランスの男性はよく花を抱えているものですが。。。
(もちろん、誰かに贈るためです^^)

女性、男性に関わらず、大切な人へ、日ごろ伝えられない想いを込めてお花とお菓子のギフトを贈るのはいかがでしょうか。


*詳しくはアクアブルームさんのサイトからご覧ください。

*地方発送も承ります。 大きな箱は、生花のため、南東北~関東、北陸、中部、関西~中国地方
(山口県を除く)のみへのお届けとなります。(送料700円~)
 小さな箱のプリザーブドローズのギフトは全国発送が可能です。(送料700円~)


*ご質問はお気軽にスタッフにお声掛けください。 
 お受取りは、ご予約の上で ダヴィッドパン 及び、アクア・ブルーム(つくば市梅園)でも可能です。

  詳細、通販でのご購入は http://www.aqua-bloom.com にて
[PR]
by davidpain | 2013-01-22 11:31 | お店 | Trackback | Comments(0)
ストラスブール美術館展
以前、この場でもお知らせいたしましたが、茨城県近代美術館では、「ストラスブール美術館展」開催中です。
7月16日までなので、興味のある方は是非!

b0116902_1982817.jpg


わたしも、「行きたいなぁ、行けるかなぁ」とここに書きましたが、行けました。^^

ちょうど、雨の日。
心をしーんとさせて、美しい非日常の世界にひたることができました。


そして、もう一つの目的も果たしました!
ミュージアムショップ「みえる」に行くこと。
ストラスブール美術館展の期間中、ダヴィッドパンのクグロフと焼き菓子を週末限定販売してくれています。
「みえる」は、そんじょそこらのミュージアムショップじゃありませんよー!
b0116902_19174034.jpg

「みえる」を創ったふたりは、アーティストです。
「みえる」のお店そのものも、ふたりの芸術作品のようです。
ふたりによって選ばれた品々も、それぞれが魅力的で、今にも自分たちの生い立ちを語りだしそうな佇まいなのです。
なんとも不思議な空間。。。
そして、あのお店に置いてもらえるダヴィッドの焼き菓子たちは幸せモノ。^^

近代美術館を訪れる際は、ぜひミュージアムショップ「みえる」にもお立ち寄りくださいね。
[PR]
by davidpain | 2012-07-12 19:24 | フランス | Trackback | Comments(0)
満腹です
今日は、ずっと楽しみにしていた
レストラン オ!ラヴァッシュ さんで晩御飯の日!
と言っても、子どもたちと一緒にはまだまだ無理なので
素敵で居心地の良いレストラン内でのお食事はまたいつの日か。

お持ち帰り用のオードブルを予約していました。
どれもこれもが主役を張れる逸品ばかり。
サラダの葉っぱ一枚、カブのグリル一つまでが驚くほどにおいしいのです。
もちろん、素材一つ一つが選び抜かれた高品質のものなのですが
オ!ラヴァッシュのシェフの手にかかると
それぞれの美味しさが最大限に引き出されている気がします。

こんなに甘い紫いも食べたことないね、
このサーモンのマリネ具合は絶妙だね、
この鶏肉はどうしてこんなにプリプリで味が濃いんだろうね、
と、いちいちついたため息はここには書ききれません。
(お腹のすいている方には腹立たしいことでしょう・・・)

そんな贅沢な晩御飯。
食べきれなかった分を明日のお昼ご飯の楽しみに
今夜はとっても幸せな眠りにつくことができます。

今夜はみんなにありがとうと言いたい気分なのです。
[PR]
by davidpain | 2009-12-20 18:47 | 休日 | Trackback | Comments(4)
夢のようなものもの
b0116902_754389.jpg

お友達にクレオスクエアーのメリーゴーランドに連れて行ってもらってからというもの
スミラーの頭の中ではいつも、お馬さんがぐるぐる回っているようです。
それから毎日、「お馬さんに乗りたい」と言うので、先日は小雨の中行ってきました。
何度も何度も繰り返し乗って、帰りは「もっとー」と家に着くまで泣かれました。
でも確かに、メリーゴーランドって夢のようだなぁ、、、
と、わたしも久しぶりにうっとりしました。

すでにここに書いていますが、408号線の街路樹の紅葉も本当に夢のようです。
赤、黄色、まだ少し残っている黄緑色、オレンジ色、いろんな色のトンネルです。
車を運転しながら夢にうっとりひたっていると、
黄色信号や赤信号を見落としそうなほど見事な葉っぱの色!
夕日が出る頃だともう、この世のものとは思われません。
b0116902_710137.jpg

運転しながら撮ったこんな写真では全然表現できませんが。

昨夜はスミラーが生まれてから初めて、別々に過ごした晩。
お父さんとお母さんは「さみしいね」と言いながらも、
こんなチャンスはめったにない!!と、レストラン Oh! la vache さんで食事♪
これまた、一皿一皿が夢のようでした・・・。
あぁ素晴らしかった・・・。
思い出すだけでため息が出ます。
わたしたちが大変お世話になっている、という事実をまったく抜きにしても、
このレストランは絶対に期待を裏切りませんよ!とおすすめしたい!
お料理の技、素材の質、シェフをはじめとするスタッフの人柄、サービス、雰囲気、
どれをとっても文句なしです。
どんなに言葉をならべても表現しきれません。
ぜひみなさま、一度Oh! la vacheさんでお食事を!
b0116902_7202120.jpg








b0116902_1334442.jpg

[PR]
by davidpain | 2008-11-14 07:20 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)
おすすめのレストラン
月曜日に、念願の「オ!ラヴァッシュ」での食事がかないました。
マダムのブログを読みながらいつもよだれを垂らしていたわたしたちですが
わたしたちの小さな怪獣をパピーとマミーにおまかせして
davidとわたし2人でお昼ごはんをいただきました。

お店の雰囲気やサービスがとても心地よかったのはもちろん、
なんといってもお料理が素晴らしくて感動しました。

有機野菜、天然魚、岩手県の地鶏、イタリアのオーガニックワイン、オリーブオイル、バター、、、
お料理も、お料理に添えられたソースも、飲み物も、
とにかくすべての素材の質の高さを感じました。
もちろん、それらの味を最上級に引き出すシェフの腕があってこそ!
一皿一皿、美しくて繊細で忘れがたいおいしさでした。

「おいしい」を言葉で伝えるのはむずかしいですね。
ぜひみなさんにも行ってたしかめてほしいと思います。
[PR]
by davidpain | 2008-05-28 20:35 | お店 | Trackback | Comments(2)
週末の楽しみ
パンの仕込みは前日の午後から始まります。
davidにとって、日曜日の午後だけがホッと一休みできる時間。

日曜日の夜の楽しみは、デザートのフランス菓子です。
davidpainから車で10分足らずのところにある「LA BONACE (ラボナス)」
はみなさんもう行かれましたか?

本格的なフランス菓子屋さんですので、いちごのショートケーキはありません。
そういうところが、メロンパンやカレーパンのないdavidpainに似ています。

シェフは約10年フランスで修業をしており、
しかも後半はパリの5区、パンテオンそばのシックなレストランで
シェフパティシエをしていた実力の持ち主。
なのに、そういうことは「大したことではない」と言って
ほとんど公表していない、なんとも謙虚な方です。

シェフはもちろんフランス語が堪能なので、お話をしに行くのもdavidの楽しみの一つ。
徹底的なフランス菓子にこだわるシェフのポリシーを感じるお菓子を
一度皆さんもおためしください。

ちなみに、davidはわたしのおなかのぽっこりを「la bonace」と呼びます。怒
[PR]
by davidpain | 2008-03-02 21:38 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)
充電の日
b0116902_1730443.jpg
午前中、どこか公園へ行こう!と張り切って出かけたものの茨城の地図を忘れ、
首都圏版の縮尺の大きな地図を頼りに、
水辺の好きな私たちは牛久沼へ向かうことに。

でも牛久沼って、遊びに行くところではないのですね、きっと。
「龍ヶ崎」や「取手市」の看板に首をかしげながら、どんどん南下し
駐車して風景を楽しめる場所を探しましたが見つからないのであきらめました。
どなたか牛久の方に、ちゃんと聞いてみてからにすればよかったです。

つくば方面へ戻りながら、「牛久あやめ園」の看板を発見。
こちらはきっと、水辺で駐車して歩いたりできるかもね、とそちらを目指すことに。
到着したのはなぜか小川芋銭記念館。
今日は閉館日でしたが、紅葉した木々の向こうに沼が光って見えて美しかったです。
スミラーはどんぐりを拾うのに忙しくしていました。
b0116902_172762.jpg



秋は、道に迷っていても、行く先を決めかねていても、
空が青くて木々が色づいているので楽しい気分になります。

お昼ごはんはdan's tableさんでいただきました。
もうしつこいぐらいに書いていますが、ここのお料理は本当においしい!
パリでも、このお値段でこのおいしさは絶対に見つからないと断言します。
あまりに居心地が良いので、予定よりのんびりしすぎてしまいました。
davidは今、あわてて明日の仕込みをしています。
こうしてわたしたちは一週間分の充電をしたのでした。
[PR]
by davidpain | 2007-11-26 17:27 | 休日 | Trackback | Comments(3)