「ほっ」と。キャンペーン
Top
david pain日記
davidpain.exblog.jp
いよいよ、コルシカワインに新しい仲間が!
b0116902_1513463.jpg


じゃーん!

ダヴィッドの故郷、コルシカ島の自然派ワインドメーヌ、「クロ・フォルネリ」から、新しい仲間がやってきました。

「シオス・フォルネリ」 (白) と 「ステラ ローズ」(赤)の二種類です。
明日、8日の日曜日から販売開始いたします。それぞれ限定15本ずつですので、気になる方はお問い合わせください。

「ステラ ローズ」 赤 2010 
「クロフォルネリ」の当主、ジョゼとファブリスの愛娘さんのお名前を冠したスペシャルキュヴェ。
去年の夏にわたしたちが「クロフォルネリ」を訪れた際に試飲し、「日本にもこれ送ってー」とお願いしたもの!念願かなって、日本の皆様にもお届けすることができます。
b0116902_16162148.jpg

フランス製トロンコニック(円錐形)オーク樽という、特別な樽を使うため、作れる量がとても限られているそうです。年間総生産量1300本。

《収穫,醸造,大切に可愛がられ,蔵元で瓶詰め。親子の歴史を葡萄は語ってくれる。なぜなら葡萄はコルシカの小石の土地に引き継がれる世代間をつなぐ道しるべの糸だから》

「ステラローズ」のラベルに書いてある言葉です。お二人の、ワイン造りに対する深い思いを感じます。


「シオス・フォルネリ」 白 2012
こちらも、相当気合の入った白ワインです。
ドメーヌ名の、「クロ フォルネリ」のクロとは、葡萄畑の意味ですが、それをコルシカ語にすると、シオスなのだそうです。名前からして「お?」と思わせるそのワインの正体は、、、

いまや幻となりつつある、コルシカ島の白葡萄の古代品種、「ビアンコ・ジェンティル」100%!!
年間総生産量、480本。
よくぞ、はるばる日本まで、そして牧園まで来てくれたね。。。と一本一本が愛おしいです。
飲んでみて感動がさらに深まりました。なんという心地良い香りと甘さ。
絶対に消滅しないで生き延びてほしい葡萄。。。


ワインの瓶に、こんなにたくさんのメッセージや想いを詰めてくる、ジョゼとファブリスのワイン造りに、とても心揺さぶられます。

土や水とつながり、様々な命をつなぎ、想いを伝える。
食べ物を作る意味を、あらためて考えさせられます。

去年書いたものですが、「クロフォルネリ」訪問記を、以下に再度アップさせていただきます。
彼らのワイン造りにご興味のある方は、こちらもぜひ、読んでみてくださいね。
[PR]
# by davidpain | 2013-09-07 15:57 | コルシカ | Trackback | Comments(0)
clos fornelli 1
Clos Fornelli クロ・フォルネリ 

 コルシカ島の葡萄と有機栽培にこだわっているワインのドメーヌです。
david pain でも一年前から彼らのワインの販売を始めました。

見えてきた、見えてきた。
b0116902_16232174.jpg
 

山の裾野に、のびのびと広がる果樹畑や牧草地。
b0116902_16254017.jpg

コルシカ島古来の葡萄の畑の中に、あります。
b0116902_16244138.jpg


b0116902_16274538.jpg

スキアカレッロの畑。
コルシカ島にしかない黒葡萄です。
b0116902_16304825.jpg



3代目の当主は、もとパリのキャリアウーマン、ジョゼと、ご主人のファブリス。
b0116902_16342417.jpg

b0116902_1632637.jpg


お二人とも、朗らかで大らかで、とても楽しいワイナリー見学をさせていただきました。


続く














  
[PR]
# by davidpain | 2013-09-07 15:55 | コルシカ | Trackback | Comments(0)
clos fornelli 2
b0116902_16401143.jpg


クロ・フォルネリの醸造所見学は、まずは試飲から始まったのでした。
b0116902_16415981.jpg

まずは、私たちの店頭にも並ぶ「La Robe d'Ange」のロゼから。
日本で飲むよりフレッシュな感じ!
店にあるのは、かすかだけれど微発泡。
やはり発酵が少しずつ進んでいるようです。
ヴィンテージから3~4年置くと、また違った魅力が味わえるそうです。

b0116902_16431453.jpg

日本未発売の「Stella-Rose」は、より心を込めて作られているそう。
お、、、美味しい。。。
娘さんのお名前を冠しているそうなので、思い入れもありそうです。
日本にもぜひ送ってほしい!!

b0116902_1645042.jpg

「Clos Fornelli」のロゼも。
だんだん良い気分になってきました。(弱っ)

b0116902_16533982.jpg

「ハーブのパイ」。 
「幸運なことに、近所に美味しいハーブパイを作る店があるのよ!」 とはジョゼ談。
ミントやバジルなどのペーストの入ったパイをいただきました。
ワインのおつまみに、なんとも素敵。


続く
[PR]
# by davidpain | 2013-09-07 15:54 | コルシカ | Trackback | Comments(0)
clos fornelli 3
b0116902_16564032.jpg

ジョゼが持っているのは、ヴェルメンティーノというコルシカの白葡萄。
そのまま食べても、とっても美味しい葡萄で、こちらはそのままお土産にいただいてしまいました。

b0116902_16583277.jpg

ワインにするために摘んできたばかりのヴェルメンティーノ。
完熟まで待つため、干し葡萄のようになっているものも。
信じられないぐらい甘い!!

b0116902_1725552.jpg

そして、目の前で葡萄を絞る機械に入れていきます。
「どうぞ、どうぞ、見てみて!!」と明るいジョゼ。

絞ったジュースも試飲させていただきました。
こんなに甘く濃厚な葡萄ジュースは生まれて初めて!
davidは、「これ、商品化したら?!」
「たぶん、このまま家に持って帰る間にも発酵して、家に着くころは発泡してるよ」と笑うファブリス。
添加物を全く入れずに商品化するのは不可能だそうです。
葡萄についている自然酵母が元気すぎる証拠でしょうか。。。^^
このジュースを味わうためには、醸造所見学に行くしかなさそうです。

ヴェルメンティーノから、すっかり甘さがなくなるまで、つまり糖分がアルコールに変わるまで、発酵は続きます。あのジュースを飲んでしまうと、なんだかちょっと残念な気がしなくもないのですが、、、
b0116902_1717156.jpg

この樽の中でワインになるヴェルメンティーノは、年間たったの1000本だけ!(La Robe d'Ange 白)
そのうちの何十本かは、david pain に立ち寄って、それから日本のお客様の食卓にのぼるのだと思うと、とても感慨深いです。。。


こちらはスキアカレッロ。
一日に数回、ジョゼが丁寧に撹拌するそうです。
赤ワインは本当に繊細で、気を使う作業よ、と言っていました。
b0116902_175817.jpg


今年摘んだばかりで、まだまだ発酵途中のスキアカレッロ果汁も試飲させてもらいました。
「もうすでに、黒胡椒の香りが素晴らしいでしょう!」と目を輝かせるジョゼ。


b0116902_17245119.jpg


ワインを造る工程を見せていただきながら、お二人のワイン作りへの熱い思いを感じました。
パリの大企業で、管理職としてのキャリアがあったジョゼとファブリス。
すべてを捨てて、一から勉強し直し、葡萄畑へ向かって7年目。
もうすぐBIO(オーガニック認証)も受けられるそうです。
コルシカ島から世界へ、コルシカの葡萄で作る素晴らしいワインを発信し、
初年度からすでに世界を驚かせ続けています。


これからも二人を応援したいし、
二人の作る素晴らしいコルシカのワインを飲みたいと、改めて思ったのでした。


fin
[PR]
# by davidpain | 2013-09-07 15:53 | コルシカ | Trackback | Comments(0)
今週末
b0116902_19584925.jpg


日中はまだまだ暑いですが、早朝のひんやりとした空気に、秋の訪れが感じられるようになりましたね。
明後日、31日土曜日より、営業を再開いたします。
みなさまとお会いできるのがとても楽しみです。

9月1日(日)は、毎月第一日曜日恒例の「つくいち」も開催される予定です。
店も営業いたしますが、つくいちのある日は11時ごろに閉店させていただきますので、お早めにお越しくださいませ。(7時半開店です)

台風の動向などによっては、「つくいち」が中止になる可能性もあります。
お越しになる前に、こちらのサイトでご確認いただければ確実です。

では、31日にお店でお会いしましょう!!
[PR]
# by davidpain | 2013-08-29 20:04 | お店 | Trackback | Comments(1)
お盆中の営業など

いまさらですが、夏休みのお知らせです。
お盆中も通常通りの営業を致します。(月・火定休)
8月19日(月)から8月30日(金)まで、お休みさせていただきます

暑い暑い夏真っ盛りですが、この時期ならではの美味しいものを食べて、元気に乗り切りましょう!
我が家では、いまオクラとモロヘイヤのネバネバコンビが流行中です。^^

b0116902_2183978.jpg

[PR]
# by davidpain | 2013-08-11 21:09 | ご連絡 | Trackback | Comments(0)
ご注目!!!

待ってました、ツールドフランス2013!!

今年のGRAND DEPART はなんと、コルシカ島から!
昨日のスタートから、月曜日まで、サイクリストたちがコルシカ島の美しくも厳しい大地を駆け巡ります!

コルシカ島の写真が満載のこちらのサイトは、普段自転車に興味が無い方も楽しめます。
ぜひぜひ、この機会に自転車のカッコよさと、コルシカ島の映像をお楽しみください。


パリに住んでいたころ、ツールドフランスの最終日、
ゴール地点のあるシャンゼリゼ通りに見に行ったことがあります。

いまかいまかと、人ごみの中を押しつ押されつしながら待ち構えていると、
「ん?いま何か横切った??」

目の錯覚かと思うぐらい、彼らは速い!!
「ん?いまの錯覚はなんだか黄色かった??」
憧れのマイヨージョンヌ(一番速い黄色いシャツを着たサイクリスト)も、そんな程度にしか知覚できず。。。

とにかくかっこいいです。
(説得力ゼロ?!)
みなさん、楽しみましょう。
[PR]
# by davidpain | 2013-06-30 11:37 | コルシカ | Trackback | Comments(0)
今週末のおすすめ
梅雨真っ盛りですね。
曇り空よりは、いっそザーッと降ってほしい気がする店番です。^^

が、梅雨時期の悩みは湿度。
フランスパンの美味しさは、バリっとした皮も一役買っていますので、ご自宅でパンを召し上がるときには、パンを丸ごとオーブントースターやグリルで軽くあぶってどうぞ!
美味しさが全然違いますよー♪


さて、今週末はいろいろとお勧めしたいパンがあります。
まずは、「カンパーニュ・トマト」
b0116902_703721.jpg


中に、自家製のドライトマトが入っています。
トマトはつくばみらい市のトマト農家の野口さんから届けていただいています。
長いお付き合いになってきましたが、本当に本当に優しい素敵な方です。
お人柄を反映するような、甘いトマトをさらにオーブンでセミドライに乾かします。
そうすることで、トマトの酸味も甘味もぎゅぅっと濃縮されて、
カンパーニュというバリバリのフランスパンとの相性がとても良くなります。
ワインのお供にもどうぞ!

次に「コンプレ ショコオランジュ」
b0116902_762935.jpg


見た目は地味です。(ダヴィッドパンのパンの特徴?!)
パンはコンプレ、有機全粒粉。
もっちりしたパンの生地に、有機オレンジピール(シチリア島産)と、
マダガスカル産のフルーティーなチョコレート。

甘い朝ごはん派(フランス人は朝は甘いものを食べます)に、おやつにもぴったりです^^

それから、幻になりつつある、ダヴィッドパンの人気お菓子、「クレーム ブリュレ」
b0116902_7103985.jpg

キャラメリゼがいまひとつな写真ですみません。
ご注文を受けてから、一つずつキャラメリゼするので、パリパリです!
マダガスカル産のバニラビーンズをたっぷり使用した、濃厚なクレームと
キャラメリゼしたてのパリパリのお砂糖の蓋。
シンプルでいて、最強の組み合わせです。
だからこそ、束の間しか味わえない「食感」も大切にしたいと思っています。
イートインのみです!ご了承ください。。。

では、今週もじめじめしないようにがんばりましょう^^
[PR]
# by davidpain | 2013-06-26 07:23 | パン | Trackback | Comments(0)
おすすめの本屋さん
新しい古絵本屋さんの情報です!

b0116902_5555527.png


以前もこちらでご紹介したことのある本屋さん、trixis books の絵本屋さん。
trixis books は、ネットの古本屋さんです。
店主のおすすめの言葉を読んでいると、すべての本がほしくなってしまう、本好きには大変困った本屋さんですが、その絵本屋さんもまた、セレクトがとっても魅力的!
お子様用にはもちろん、大人がしみじみ楽しめる絵本が、きっと見つかります^^

ちなみに、
b0116902_662249.jpg

b0116902_664333.jpg

これ。
お客様から大好評の、ダヴィッドパンのはんこです。
ダヴィッドパンで時々販売しているエコバッグと、運が良ければ紙袋にもたまに押してあります。
trixis books は、なんと広告のデザインもやってくれます!
このはんこは、trixis books little の店長さんにデザインしていただきました。
ダヴィッドパンの宝物です。

大きなチェーンの古本屋さんに行っても、「何か違う・・・」とご不満のみなさまにおすすめです。
[PR]
# by davidpain | 2013-06-26 06:13 | 休日 | Trackback | Comments(0)
コルシカ島のワイン
b0116902_5461019.jpg


いよいよ蒸し暑くなってきましたね。
ここ半月ほどで、湿度がだいぶ上がってきていることを、
パン生地をこねながら感じると言っているのはダヴィッド。

梅雨入りも秒読みですが、長女の運動会と、次女の山登りの遠足が延期になりませんように。。。
と空を見上げる店番です。

さて、実はひと月ほど前になりますが、ワインのお値段を変更させていただきました。
コルシカ島の自然派ワインをみなさんにどうしても味わっていただきたくて、販売を始めて約1年半。
円高だった時期も含めて、クロフォルネリのワインの価格は実は上がり調子です。
特に、赤!
フランス本土でますます需要が高まっているのかな、とうれしい半面、
数百円も上がってしまったので、残念ながらdpでも100円だけ上げさせていただきました。
(クロフォルネリ 赤 2011 2300円)

b0116902_604693.jpg


一方、比較的値段が落ち着いている、ロブダンジュの白は、思い切って200円下げました。
木樽熟成、総生産量は年間1000本、希少なコルシカワインです。
(ラ ロブダンジュ 白 2011 2800円)

これからは、夏野菜と冷えた白ワインが蒸し暑さに効く特効薬。
コルシカ島の白葡萄、ヴェルメンティーノ100%の味を是非ご賞味ください。
[PR]
# by davidpain | 2013-05-31 06:03 | コルシカ | Trackback | Comments(2)