Top
david pain日記
davidpain.exblog.jp
<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今週
久しぶりに水曜日からパスタを再開します。

平日の水・木・金、11時半から13時半まで、
davidの手打ちパスタ(自家製ドライトマトのソース、パン付き)
ご予約・お持ち帰りも出来ます!


先週末に引き続き、マカロンもあります。
金・土・日はクレームブリュレもあります。

特にクレームブリュレは大好評で、前回の日曜日は開店後30分で無くなってしまいました。。。
みなさんに召し上がっていただきたいのは山々ですが、
一応パンが主役の david pain ですので数に限りがあります。
前日までにご予約いただくこともできます。
(当日のご予約はお受けできません)
お電話でのご予約は営業時間内にお願いいたします。
(7時半~18時)

コルシカ島の自然派ワインも再再入荷しました!
一時的に赤ワインが無くなってしまっていましたが
今週は大丈夫です!

しかし今度は、白ワイン(ラ・ロブ・ダンジュの方)が残りわずか。。。
卸屋さんにももう在庫が無いそうです。
2011年産の入荷待ちですが、時期未定です。
何しろ一年に1000本しか作られていない貴重なワインですので
出会えたらぜひともお試しくださいね!
[PR]
by davidpain | 2011-10-18 08:05 | パンのメニュー | Trackback | Comments(0)
今週末は。。。
先週末のクレームブリュレに引き続き、
今週の金・土・日曜日は久々のマカロン登場です!

b0116902_10393888.jpg

(写真は去年のマカロンショコラとシナモン&ホワイトチョコ)

オーガニックチョコレートのガナッシュをサンドしたショコラのマカロン、
ホワイトチョコレート&はちみつのガナッシュをサンドしたシナモンのマカロン、
キャラメルのガナッシュをサンドしたオーガニックコーヒーのマカロンの3種!

前日までのご予約も承っております。
(当日のご予約はお断りしております)

コルシカ島産の自然派ワインもまだあります。
先日、ロゼを試飲しました。
コルシカ島の昔ながらの赤葡萄3種を使ったロゼ。

一口目でびっくり!
甘いフルーティーな香りと、まるでシャンパンを飲んでいるような微発泡。。。
これは、アペリティフに最高です。
ハードタイプのチーズや、海老のグリルといただきましたが
ひとくちごとに新鮮な感動がありました。
一晩でワインを一本開けられることなど皆無のわたしたちが、
その晩はするすると空けてしまいました。。。

このロゼを開けたら、飲みすぎ食べすぎ要注意です!^^
[PR]
by davidpain | 2011-10-12 10:52 | Trackback | Comments(0)
今週末限定・・・
b0116902_12203971.jpg

Davidのクレームブリュレが今週末、金・土・日に復活です。

しっとり濃厚なクリームの上にキャラメリゼしたお砂糖がパリっと載っているフランスのお菓子。
david pain では、マダガスカル産のバニラビーンズを贅沢に使います。
お砂糖はもちろん、オーガニック。
天王原養鶏園さんのこだわり卵。

ご注文をいただいてから、表面にお砂糖をかけ、バーナーで焼いてキャラメリゼします。
ひんやり、こっくりしたクリームと、まだ少し温かく、パリパリした表面の対比がクレームブリュレの醍醐味です!
表面のパリパリは、時間が経つとしっとりしてしまうので、できることなら、david pain で10分立ち止まって
召し上がっていってください!!

(以前はイートインのみで販売しておりましたが、今回はお持ち帰りもOKです。その場合、表面のパリパリ感は無くなってしまうことをご了承ください。)

私もクレームブリュレが大大大好きで、
パリにいたころは、あちらこちらで食べたものです。
クリームの味、濃厚さ、表面のキャラメルの厚み(あまり厚過ぎてもいけない)、パリパリ具合、、、
シンプルなお菓子ながら、採点ポイントは盛りだくさんです。

davidのクレームブリュレは高得点ですよー
[PR]
by davidpain | 2011-10-06 12:40 | パンのメニュー | Trackback | Comments(0)
vins de Corse!
b0116902_9291943.gif

今日から店頭に並べています。
「クロ・フォルネリ」というドメーヌのワインです。
Davidのふるさと、コルシカ島東部の自然派ワインです!

興味のある方はこちらをお読みください

お時間のない方のために簡単に説明いたしますと、
現在、このドメーヌの3代目女性当主であるジョゼ・バヌッチさんは、
以前はパリでばりばりのキャリアウーマンでしたが、元同僚の旦那さんと2004年に一念発起。
実家のドメーヌを継承するために、ボルドーやブルゴーニュの大学でワイン造りの勉強をしました。
2005年初ヴィンテージ。
以後、フランス国内やロンドンの数多くの星付きレストランに採用されるまでになりました。
b0116902_953092.gif

b0116902_9461672.gif

今や貴重になってしまった、コルシカ島古来の葡萄でのワイン造り。
葡萄の栽培方法は、リュット・レゾネ(低農薬)。
灌漑設備を作らず(灌漑設備を作ることは魚を溺れさせるようなもの、だそうです)
排水処理施設は作り(これは小さなドメーヌにしては大変珍しいそうです)、
葡萄は手摘み、発酵は野生酵母のみ(農薬を使った葡萄では出来ません)。
b0116902_109457.gif


生産性を上げるために編み出された数々の現代技術は、
必ずしも美味しいワイン造りにプラスになるわけではないようです。
彼女たちは、現代技術をことごとく排除し、
自分たちの目で見て、舌で確認して、手で作業をし、
本当に個性的で力強く、なおかつエレガントなワインを作っています。

davidと2人で試飲したときの感動は忘れられません。
なんて個性的でまろやかでスパイシーで軽やかで・・・
ソムリエだったら上手に表現できるのに!!!涙

(詳しくはこちら)

コルシカ島に、こんなに素晴らしいワインを作っているドメーヌがあることを知り、
ぜひ日本でもたくさんの方に知っていただきたい!と思いました。

今、このドメーヌのワインが5種類、david painに並んでいます。
クロ・フォルネリの赤と白、
ラ・ロブ・ダンジュの赤と白とロゼ。
生産総数がそもそも少ない(1000本)ものもあります。
売り切れの場合はご容赦ください。
ご予約も承ります。

なお、地方発送は今のところ出来かねますのでご了承くださいませ。
[PR]
by davidpain | 2011-10-01 10:07 | パンのメニュー | Trackback | Comments(2)