Top
david pain日記
davidpain.exblog.jp
<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
雑記
お店を始めて以来、こんなにいろんなイベントが重なった月はありませんでした。
davidとわたしのコピーロボットが2台づつぐらい必要でした。
いろんな方のご理解とご協力を得て、とにかく、全てが無事に終わりました。
ロボットなしでどうやって乗り切ったのか、記憶も定かでない休日の朝。笑

これで一山越えた、という安堵感と、
でももうこんな無理はすまい。という固い決心と。笑

davidも倒れなかったし、子どもたちも元気だし、
わたしもこうして体中の筋肉痛を抱えつつ日記が書けているし。
よかった、よかった。
・・・筋肉痛??

きのうは、森でゴンゴンの運動会もありました。
ゴンゴンの運動会は、「こどもの」ではなく、「そこにいる人全員の」運動会なので
わたしも、本気でかけっこをしたし、本気でパンに食いついたし、本気で綱引きをしました。
こんなに運動をしたのは久しぶり。
こちらは菫ともども、来年も大いに無理をしたいと思います。

b0116902_83596.jpg

かけっこはびりっけつの菫。
でも、満面の笑みでご機嫌でした。笑

ちなみに、ゴンゴンとは、「かいじゅうたちのいる庭 ゴンゴン」という小さな幼稚園のこと。
怪獣スミラーにぴったりの庭が見つかりました。運命的な出逢いでした。
興味のある方は、david pain にもちらしがあります。
[PR]
by davidpain | 2010-10-25 08:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
今週末の予定など
今度の土日は、お店はもちろん営業いたしますが
「工房豆あじ」さんのフリーマーケット会場にも行きます!
もちろん、パンを持って!

豆あじさんとは、3年ほど前にdan's table でのフレンチジャズライブで出逢って以来、ずっとお世話になっているお友達(図々しくお友達呼ばわりしてしまいます)ご夫婦です。
ご主人のKENさんが今年に入ってオープンさせた「工房豆あじ」は
KENさんの木工と、手作り雑貨の委託販売の楽しいお店です。
KENさんと奥さまの豆あじさんと逢ってお話しするだけでも、
きっと行って良かったな、と思えるはずです。^^
今週の土日に、そこでフリーマーケットが開催されます。
この機会にぜひみなさま足を運んでみてくださいね。

ちなみに上記のdan's tableもみなさまご存知でしょうか?
カフェとしてオープンして以来、進化を続ける素敵な場所です。
今はカフェはお休み中で、様々な「場」を提供してくれています。
11月の「場」も興味津津です。
[PR]
by davidpain | 2010-10-21 22:37 | お店 | Trackback | Comments(1)
ニコマルシェ
今度の日曜は、第3日曜日。
毎月恒例、土浦市のニコニコ珈琲さんで開催されるニコマルシェの日です。
b0116902_1752329.jpg


先月も、秋の朝の空気がとっても気持ちよかった朝市です。
私達の隣では、ニコニコ珈琲さんが飲み物を売っています。
淹れたてのコーヒーや、絞りたてオレンジジュースが良い香り!

ちなみにニコマルシェで出逢ったご縁で、
david pain では天王原養鶏園さんの採れたて卵を使わせていただいております。
そして、つくば市桜にある te.to.te さん(おしゃれなカフェです)が
davidのパンを使ったメニューを作ってくださっています。

マルシェでは、お客様とはもちろん、おいしい食材との出会いもあります。
楽しみ楽しみ。

お店ももちろん、いつも通り営業いたします!
[PR]
by davidpain | 2010-10-12 17:44 | お店 | Trackback | Comments(2)
栗修業2年目 その②
どうでもいい話題で申し訳ないのですが、
3kgの利平栗は、大変というより壮絶でした。笑

今回はナイフを持つ手にあらかじめ絆創膏を貼って、
大量の栗を選別し(虫食い疑惑のある栗を取り除き)、
アナを寝かしつけ、
万全の態勢で挑みました。

2.4㎏程の栗を、一応渋皮を残して剥きましたが
途中で失敗したり、虫食いを見つけたり、
虫食いだと思って渋皮を剥いたら虫食いなんてなかったり(涙)、
失敗したと思って渋皮を剥いたら虫がいたり(喜)、
そんなこんなで、無事に渋皮煮用の鍋に入れられた栗、総勢80個!

渋皮煮用の鍋に入ったからと言って、80個がすべて渋皮煮になれるはずもなく。
ここから3度のアク抜き&筋取り作業によって、
さらにその数は減り続け。

最終的に有機砂糖の待つ鍋に入れた栗の数、42個!
2回に分けて煮た後、最後まで崩れなかった精鋭たちの数は35個ほど。
減りすぎたけど、お味はまずまずの出来でした。

そして後に残った2kg程の栗。。。
とにかく全てゆでて皮剥き!!
渋皮に傷をつけてもいい皮剥きなんて余裕だね!どうせ渋皮も剥くんだから。
と強がっては見たものの、最後は右手がぶるぶる震えました。
b0116902_8411917.jpg

b0116902_8414095.jpg

そうして出来上がった、栗ご飯と栗きんとんと甘露煮。
今年のお正月には自家製甘露煮のきんとんが食べられます。
気合いも工夫も渋皮煮で使い果たしたけど、
栗の実力でみんな美味しいです。
今年も精神鍛錬につきあってくれてありがとう、栗さん。


来年までもういいや。
[PR]
by davidpain | 2010-10-09 08:17 | ひとりごと | Trackback | Comments(5)
新しいパン
さつまいもを使ったパンが今年も始まりました。
小川さんの減農薬・無化学肥料栽培のおいもです。
かぼちゃに引き続き、お世話になっています。
b0116902_729178.jpg


さつまいもと有機レーズンのシンプルなパンです。

このままだと、もっちりした食感とほのかなさつまいもの甘みが楽しめます。
バターをちょっとつけていただくと、またよしです。
[PR]
by davidpain | 2010-10-09 07:33 | パン | Trackback | Comments(4)
サクサクの
b0116902_70408.jpg


実はデニッシュ(クロワッサン生地)なのですが、
フイユテ(パイ)と名付けてしまいました。

中に、マダガスカル産チョコレート&特製クレームパティシエール
または、有機レーズン&特製クレームパティシエール
の2種類です。

パンオレザン(うずまき状のデニッシュ)よりも
しっかりクリームを味わえます!

時々登場しますのでお楽しみに!
[PR]
by davidpain | 2010-10-08 07:05 | パン | Trackback | Comments(2)
栗修業2年目
先日のつくいちで、無農薬野菜屋さん、浅野さんのブースでバッタリ出逢ってしまった立派な利平栗。。。
心の準備が全く出来ていなかったので、かなり躊躇しました。
ぼやぼやしていたら、いつの間にか栗の旬を迎えていたのね。
今年もやるべきか、、、やらざるべきか、、、。(大げさ)
でも、修業だからやらないと。
浅野さんの栗も美味しそうだしね。

というわけで、去年の大失敗を(こちらこちらをどうぞ)教訓に、
今年も栗の渋皮煮作りやってます。
今年は、もうわかりました、ナイフを入れる角度が!
去年に比べたら格段に素早く鬼皮を剥けるようになりました。
きれいに剥けると、次は必ず失敗するところがまだまだですが。。。

b0116902_23444984.jpg


じゃじゃーん!
b0116902_23452292.jpg


このときは、1kgの栗から300gぐらい(?!)は渋皮煮になりました。

と、実は胸を張って言えない訳が。。。

きちんと鬼皮を剥くことができた栗の計量を忘れ、
とりあえず栗は目分量で、お砂糖の量を暗算で計算し、
レシピの倍ぐらい鍋に入れてから
「なんかおかしくないか・・・?」と気が付く。
数字が出てくるとどんな場面でも思考回路が霧に包まれるので
どうもきちんと計量・計算が出来ない私。。。

でも、どういうわけか美味しい渋皮煮になったのでよし。
(としたら人生修業にならないよ!)

さきほど、天王原養鶏園さんで買ってきた栗3kgで
まだまだ修業は続きます。
[PR]
by davidpain | 2010-10-08 00:04 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
セーグルなど
b0116902_1985216.jpg

ライ麦好きのみなさま、お待たせいたしました。
オーガニックライ麦9割+国産小麦粉1割の「セーグル」が復活しました。
「酸っぱい」「固い」「パサパサ」などのイメージを持たれがちなライ麦パンですが
davidのは酸っぱくないし、もちもちしてるし、しっとりしてます。
オーガニックのライ麦の風味がなんとも美味。
食べ方?
まずは、いつもの食パンの替わりにお試しあれ。
バターでもジャムでもポテトサラダでも何でも合うのですから!!


「サンドイッチ」を作るのに無くてはならないものって何でしょう?
マヨネーズ?
バター?
何は無くとも薄切りの食パン?

david pain のサンドイッチは、そのどれも使いません。
日本の家庭で作るいわゆるサンドイッチとはちょっと違うけれど
フランス人の感覚のサンドイッチも美味しいですよ。
davidのサンドイッチを召し上がっていただくと、
きっと「なぁんだ、簡単ね」と思っていただけるはずです。
そして、「じゃぁ今度はフランスパンを買って自分で作ろうっと」
と思っていただいたら私達の思うツボ^^
もっと普通に、ご家庭でフランスパンを食べてほしいな、と
焼きたてのバゲットを食べるたびに強く思います。

バゲットの旬は秋冬なんです!!
(根拠不明)
b0116902_199254.jpg

[PR]
by davidpain | 2010-10-06 19:09 | パン | Trackback | Comments(2)