Top
david pain日記
davidpain.exblog.jp
<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
本物でなくちゃね。
パパに似て(?)スミラーはギターが大好きです。
パパが弾き出すと、すぐに寄って行って、
一緒に弾かせてもらうかまたは隣で踊るか。
パパがギターを離すと、こんどはスミラーの番。
いっちょまえに抱えて、右手でボロローンボロローンとかき鳴らします。

本物のギターでなくても、細長い棒を見るとギターに見立てて
格好つけてもち、弾き語り風に歌ったりしています。

とっても幸せそうなので、「今度すみれにも小さいギターを買ってあげるね」
と言った私に、真顔で
「おかあちゃん、大きいのを買ってくれますか?」
と。
絶句。

ごめんなさい。
そうね、大きいのがいいよね。。。
[PR]
by davidpain | 2009-01-29 07:25 | こども
妄想と現実
もう8か月も続く、スミラーのシャチブーム。

8か月前に行った鴨川シーワールドのシャチショーの光景が頭から離れないらしく、
夜寝る前に、すでに横になっているdavidの上にまたがり、
シャチショーのお姉さんよろしく立ち上がってポーズを決め、
「キャーーー!」
と雄たけび。(その下で苦しそうにうめくdavid。)
そしてジャンプで飛び降りる。
これが定番になっています。

最近は、「おかあちゃん、あのね、」
と興奮してやってきて、こんな話をしてくれます。

「きのうね、チャチにイルカが乗ってね、つみれちゃんがイルカに乗ったの」
「それで、キャーってやって、ぼちゃーんって水に落ちたの」

私「ふーん。・・・っていう夢を見たのね?」
ス「ううん、夢じゃないの。」
ス「それで、チャチにお魚を、どうぞ、って食べさせたの」

ちゃんと、ショーの後に餌付けをするところが妙にリアル。
まるで本当に自分が経験したことのように大興奮で話してくれるので
なんとおもしろい経験をしたこと!とうれしくなってしまうほど。

こどもの妄想と現実の距離って、わたしたちのそれよりずっとずっと近いのだろうな、
と新鮮に思うのです。
[PR]
by davidpain | 2009-01-28 07:28 | こども
今週のパン
明日とあさっては、ひさしぶりにブランコがお目見えです。
食パン生地に有機あんこを練りこんだ、ふんわり甘いパンです。
開店当初から作っていますが、最近の新商品に押されてお休みしていました。
ブランコは小さなブール(丸いパン)ですが、
同じ生地を食パン型で焼く「すみれ」は、現在予約販売のみになっています。
ご希望の方は前日のお昼までにご連絡くださいね。

「抹茶ミルク」はお休みします。

それから、今週は「アリュメット・ショコラ」を作るそうです。
こちらは、午前中に売り切れてしまう人気商品ですので、お目当ての方はお早めに!

タルトは先週に引き続き、「ヌガティーヌのタルト」だそうです。
毎日作れるかどうか定かではないそうですので、
ご希望がありましたらご予約いただければ確実です。

マカロンは「シナモンとホワイトチョコのマカロン」を作る予定です。

ここでご紹介させていただいた、有機全粒粉のパン「コンプレ」のシリーズが
なかなかの人気でうれしい限りです。
このパンで、粗挽きソーセージのサンドイッチを作って、
公園でビールと一緒に食べたらおいしいだろうなぁ・・・
この夏の私のささやかな願望。
[PR]
by davidpain | 2009-01-26 19:19 | パン
リニューアル
新しいトマトソーセージです。
b0116902_13253572.jpg


添加物無添加、化学調味料不使用、もちろん100%国産の豚肉使用のソーセージが中に入っています。
お味はやさしく、サイズは小ぶりになりました。
小さなお子様でも食べやすくなったと思います。
何よりソーセージの質が向上していますので、さらに安心です。
ぜひお試しください!
[PR]
by davidpain | 2009-01-23 13:32 | パン
柘榴とバルベス(知られざるパリ)
エジプトから!というざくろをいただきました。
b0116902_13544511.jpg

宝石の様に美しくて、とっても甘くておいしくいただきました。

わたしたちが結婚してしばらく住んでいた、パリの18区は、
さまざまな人種が入り乱れるエキゾチックな(そして少し危険な)場所であり、
サクレクール寺院の周辺は、世界中から見物客が集まる一大観光地で、
b0116902_15311693.jpg


モンマルトルの丘の中腹にはほぼ白人しかいないちょっと高級な住宅地があり、
b0116902_15195694.jpg



丘のふもとにパリ随一の歓楽街が広がるちょっとアヤシイ界隈でもあり、
b0116902_159734.jpg



印象派の画家たちがこよなく愛し、今もなおアーティストやミュージシャンたちを惹きつける
情緒と活気あふれる下町でもあります。
b0116902_151081.jpg


一言で表現するのは不可能な魅力あふれる、パリ随一の(私たちにとっては)界隈でした。


この真っ赤なザクロからこぼれ落ちる宝石たちを見たとたん、アフリカ諸国からの移民でごった返す、バルベスのマルシェ(市場)の喧騒と混乱と色彩が頭の中に蘇りました。

何年も毎週通ったこのマルシェは、パリの他のマルシェとは雰囲気が全く違います。

まず喧噪。
パリで通称「アラブ」と呼ばれている、北アフリカ諸国(チュニジア・アルジェリア・モロッコなど)出身の移民たちが「ヤンラヤンラー!!」(ぃらっしゃい!ぃらっしゃい!)と不思議な節をつけてやっているわけです。
わたしのようなアジア人はみんな「ニィハオ」と呼ばれます。笑
初めのころこそ「日本人だからニィハオじゃなくてコンニチワよ!」といちいち切り返したりしていましたが、毎週のことなのでそのうちどうでもよくなります。
アラブの歌を歌い続けるお店のおじさん(日本の演歌のコブシと共通の節があって、何か親近感をおぼえる・・・)や、ごった返す通路をはさんで、両側のお店から盛り上がっておしゃべりをするおじさんたちや、「次はわたしの番よー!」と会計を待つおばさんたち。
とにかくウルサイ!!

色彩も違います。
アフリカ諸国からわたってきたカラフルな果物たち。もちろん、ザクロもこの中にありました。
真っ黒な背の高いアフリカ人が、白いコットンの民族衣装をたなびかせて、真っ赤なザクロをボロボロこぼしながら食べている姿は、似たような場面を繰り返し見ても「ハッ」とさせられるほどに美しく印象的なものでした。
それに、アフリカ諸国の女性たちが来ている民族衣装。ワンピースとターバンをカラフルな共布で手作りしてあります。それから、彼女たちのために売られている信じられないぐらいの極彩色の布布布。
カラフルなスパイスの山々、種類もよくわからない大小さまざまな豆の山々、いろんな味に漬けてあるオリーブの山々(京都のお漬物やさんとも少し似ている)。
あり得ないような低価格の日常雑貨の山々。。。

香り。
これは、もういろんな食べものと、働く人たちや雑踏を踏んだり踏まれたりしながら歩く人々の熱気で立ち込める体臭と、街の排気ガスと、バルベスの地下鉄の駅から上ってくるなんとも言えないぬるい空気と、、、 。
これがバルベスのマルシェの匂い。
はっきりいって臭いけれども、もしかしたら次にバルベスの匂いを嗅いだら、わたしは懐かしくて泣いてしまうかも。笑

このマルシェで観光客に出逢ったことはほとんどないし、ついぞ日本人を見かけることもありませんでした。
確かに、治安的にお勧めできませんが・・・。
(もちろん、このマルシェにはカメラを持って行ったこともなく、写真もありません・・・)
けれども、毎週通っていると、アラブ人のお店の人たちとも親しくなって、挨拶をしながら歩いているだけでも、おすそわけのバナナや葡萄を食べることができたものです。

彼らの、いつもエネルギー全開の「ヤンラヤンラー!」が無性に聞きたくなった、柘榴の赤色でした。
[PR]
by davidpain | 2009-01-22 15:50 | フランス
訂正
今週はマカロンはお休みです、
とお伝えしてしまいましたが、明日から今週末にかけては作るそうですので
お楽しみに!
仕込みにも時間がかかるそうなので、マカロンのご予約は3日前までにお願いします!

話は変わりますが。
わたしが風邪で寝ている間、davidはよくがんばりました。
月曜日の休みは、スミラーの世話をし、公園へ連れ出して目一杯駆けまわらせ、
うまいことお昼寝をさせ、自分はその間に次の日の仕込みをし。
それが終わると、またスミラーの子守りをし、2人でお風呂に入って
2人で洗濯物までたたんでくれました。

そして火曜日の朝、まだ起きられないわたしに半分絶望顔をしながらも、
「ゆっくり寝てて大丈夫。お店はまかせて。」と、夜中の1時からぶっ続けで店番→仕込みまで。

お疲れ様でした。
ごほうびは、ごんべえさんの野菜の煮物。
家にあったごんべえさんの根菜類だけを使いきって、いつもの「おでん」または「にもの」で
davidもスミラーも喜んでくれるから我が家は簡単でいい。笑
[PR]
by davidpain | 2009-01-22 07:24 | ひとりごと
クレイマークレイマー @牧園
ちょっと油断をしていたら、風邪をひきました。
丸2日間寝込んで、今朝はすっかり元気になりました。
davidやスミラーにうつったらいけない、とマスクをして寝室に閉じこもっていましたが
小さな我が家では、居間の話声が寝室まで筒抜けです。
davidとスミラーのやりとりがおもしろくて、熱でうとうとしながら耳をすませていました。

davidは常にフランス語で話しかけ、スミラーは常に日本語で対抗(応対というより対抗)。
それがすでに可笑しい。
davidがスミラーにごはんを食べさせるのは一苦労で、
「お茶碗がこれじゃない!おはしがちがう!たまごは自分で割りたい!コップはここに置いて!」
と、スミラーはいちいち気に入らなくてdavidに反抗し、
davidは「いいでしょ、これでー!(怒)」とがんばる。笑
とうとう、スミラーぐずり出し、「おかあちゃぁん・・・」と食卓を離れようとする。

と、そこで何かが起きる。(わたしには何が起こったか不明)
2人で吹き出し、笑い出す。

なんだか、映画「クレイマークレイマー」のビリーとパパをみているようだわ・・・
と思ったのでした。(パパがダスティンホフマンほど素敵でないのが残念・・・!!)

つい最近までは、わたしが疲れて休みたいときでも、スミラーは休ませてくれなかったのに
今回は、マスクをして寝ている私にとても優しくしてくれました。
「おかぁちゃん、どうぞ」とみかんを持ってきてくれたり(わたしに剥かせて半分は自分が食べていく。笑)、
「あたま痛いの?」と側に来て、「いたいのいたいのとんでいけー」をしてくれたり。(なおった?じゃぁ絵本読んで!と次の要求もあるのだが。笑)

熱はつらかったけれど、心温まることもいろいろあった病床2日間です。
[PR]
by davidpain | 2009-01-21 06:23 | こども
今週のパン
b0116902_14321067.jpg

こちらは先週末から復活した「クレームクランベリー」。
しばらくお休みしていたら、とてもリクエストが多かったパンの一つです。
セレアルのパン生地の中に、クランベリーとフランス産クリームチーズを混ぜた
しっとりクリームが入っています。

b0116902_14354739.jpg

こちらはコンプレ。
有機全粒粉が約60パーセント入ったフランスパン。
6割も全粒粉と聞くと、「ゴワゴワ・パサパサしていそう・・・」と思われそうですが
それがまったく違うのですよ!
食感はもちもちしており、風味がとてもよくて、何にでも合わせやすいパンです。
サンドイッチにしてもいいし、チーズに合わせてもいいし、ジャムやチョコレートと一緒におやつに食べてもいいし、オールマイティーです。

b0116902_1445077.jpg

「抹茶ミルク」。このパンは先週から初登場。
有機抹茶とホワイトチョコレートの粒が練りこんであります。
ほんのり甘く、お茶の香りがよく、お年寄りからお子様までどなたにも食べやすいパンです。

先週こちらでご紹介したプチフールは、今週もあります。
さつまいもとかぼちゃです。
タルトはヌガティーヌです。
お問い合わせの多いマカロンは、今週はお休みの予定です。


先週は、風邪をひいていらっしゃるお客様が多くて驚くほどでした。
みなさまお大事に!
[PR]
by davidpain | 2009-01-19 14:53 | パン
david pain 営業案内・アクセス方法(2012年4月改定)
ホームページと重複しますが、このブログにもご案内を載せておこうと思います。
b0116902_18154039.jpg

david pain (ダヴィッドパン)
住所:茨城県つくば市牧園7-11
電話:029-871-1214
HP: http://www.geocities.jp/davidpain2007/

定休日:月・火(祝祭日に関係なく休業)

     夏季、年末年始にそれぞれ連休あり その他臨時あり

営業時間: 7:30-15:00 (ただしパンがなくなり次第閉店)

*開店時にはすべての種類のパンをお出ししております。
  お目当てのパンがある方は、朝のうちがおすすめです。

*ご予約もお気軽にどうぞ!前日のお昼までお受けしております。

*当日のお電話でのパンのお取り置きはいたしかねます。ご来店くださった方を優先させたいためです。

*すべてのパンとお菓子をdavidが手作りしております。
作れる数に限りがありますので、同じ商品を5個以上お求めの際はできるだけご予約くださいませ。

*できるだけ簡易包装を心掛けています。ぜひお買い物袋をお持ちください。
  (紙袋やカゴやタッパーをご持参いただくなど、お客様にはいろいろな形でご協力いただいております。みなさまのエコ意識の高さに感謝しきりです!)

*お飲物のテイクアウトも可能です。マイカップをご持参いただけるとうれしく思います。



アクセス:

地図はここをクリック(Googleの地図が出ます)

つくば市内方面から①・・・西大通りをひたちのうしく方面へひたすら南下。
常磐道の高架をくぐったら2つ目の信号(「稲岡」)を右折。(6号バイパス)
つくばうしくIC入口を通り過ぎ、坂道を下りきったところを右折。(左側に小さなイタリアンレストラン)(ここを行き過ぎると国道408号線にぶつかります)
一つ目の十字路を左折し、数十メートルで右側に見えてくる緑色の建物です。

つくば市内方面から②・・・国道408号線を牛久方面へ(「榎戸」の交差点よりさらに2~3km)南下。
「畜産草地研究所」と『ドライブイン牧園』のある交差点を左折し、200mほど直進すると、右手に牧園児童公園。公園に沿って右折し、そのまま突き当るまで直進すると右側にある緑色の建物。

牛久方面から・・・国道408号線をつくば市内方面へ北上。 
「大井北」という信号を6号バイパスへ右折。(目印は左にセブンイレブン、右に「すぎのや」)
100mほど直進すると右側に小さなイタリアンレストランが見えてきます。そこをレストランとは反対方向へ左折。
一つ目の十字路を左折し、数十メートルで右側に見えてくる緑色の建物。


[PR]
by davidpain | 2009-01-17 18:25 | 営業案内など
新登場と再登場
ここにアップできないうちに、ブルーベリーのフランが終わってしまいました。。。
広島県、大崎上島産の、無農薬ブルーベリーを使用したものです。
しかし、代わりに、同じブルーベリーを使用した無添加手作りジャムを入荷いたしました!
b0116902_721333.jpg

瀬戸内海の太陽の恵みをいっぱいに受けた果実のジャムです。
原料は果実とお砂糖のみ!
数量限定です。
お値段はちょっと高めですが、davidpainでは原価ギリギリでお出ししています。
なぜなら、このジャムはただ、みなさんにおすすめしたいから販売するのですから。

今週末から、タルトはヌガティーヌのタルトになります。
以前、とても好評だった、チョコレートとヌガティーヌ(キャラメリゼしたローストナッツ)の、
濃厚なタルトですよ。前回逃してしまった方はぜひ!!
[PR]
by davidpain | 2009-01-17 07:25 | パン