「ほっ」と。キャンペーン
Top
david pain日記
davidpain.exblog.jp
<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
怪獣スミラーの涙
最近は、涙も上手に活用して、わがままを通したり甘えたりできるようになった怪獣スミラー。
わたしもスミラーの涙に翻弄されず
「いい加減泣き止みなさーい!」と逆切れするまでに成長しています。

しかし、そんな鬼母さんもホロリとさせられる涙があります。

怪獣スミラーは、「幸せな眠り」に弱いようです。
以前もちらっとどこかに書きましたが、子犬がウトウト眠ってしまうビデオを見ながら号泣したのをはじめ、トトロのおなかの上でめいちゃんがあくびをしながらスゥっと眠りについてしまうシーンも号泣。(しかも繰り返し繰り返し同じシーンを見たがっては何度も泣く)

それから、物語の悪役にも同情します。
童話の最後で、悪事を働いた罰として痛い目にあうオオカミをみて
「抱っこしたい」と言って泣き出します。
絵本の中で痛い目にあう動物たちはみんな「抱っこしたい」のです。

これは悪いことをした罰なのよ!
と説明したところで、こどもの純粋な情の前ではむなしく響く。。。
自分が無情な大人になっているような気がして、逆に反省したりして。。。笑
[PR]
by davidpain | 2008-10-31 17:47 | こども | Trackback | Comments(2)
久しぶりのパイ登場
約1年ぶりになりますが、今週の金曜日からはパイが登場する予定です。
davidのパイは、とてもとてもリクエストの多いものの一つです。
去年は、栗のパイ、リンゴのパイ、かぼちゃのパイ、ブルーベリーのパイなどを作りました。
今年はどんなパイになるのでしょう?!

b0116902_12241915.jpg

(写真は去年のつくば産ブルーベリーのパイ)

david家では今年になってから、すでに数えきれないほどおでんを作っていますが
(夏から待ちきれずに作ってました。。。)
今回はじゃがいものかわりに里芋を入れてみました。
おいしいです。
里芋を洗うたびに、里芋ってdavidに似ている・・・
と思うのはわたしだけでしょうか?笑
[PR]
by davidpain | 2008-10-29 12:30 | ご連絡 | Trackback | Comments(4)
davidpainのパン紹介 ④ ~simple et bon~
トマトシリーズ

写真左から、トマトオリーブ ¥250 (スペイン産ブラックオリーブ入り)
トマトベーコン ¥250 (バジル、ベーコン、チーズ入り)
トマトソーセージ ¥250 (バジル、チーズ、無塩せきソーセージ(化学調味料・添加物無添加)入り)
トマトしいたけ ¥130 (つくば市谷田部産しいたけ入り)
b0116902_1935113.jpg


トマトシリーズは、フランスパンの生地にイタリア産トマトの水煮を練り込んだパンがベースになっています。
トマトの水分がフランスパン生地に程よいもっちり感を生みだしていますので
固いパンが苦手な方でも大丈夫!

ここで特にみなさまにお勧めしたいのが、「トマトしいたけ」です。
和食によく使う万能きのこ、しいたけが、意外とトマトやオリーブオイルと合うのです!
しかもこのしいたけ、つくば市谷田部で栽培されている原木しいたけで、
生産者の佐野さんは原木しいたけの生産者として茨城県で優勝し、
農林水産大臣賞を受賞されている素晴らしい方です。
農林水産大臣賞を受賞された全国各地の生産者の中でも、
なんと準優勝されているそうなので、日本で一、二を争うおいしいしいたけというわけです!
原木しいたけの栽培はとても難しくて手間もかかるけれども
人工的な菌床栽培よりもおいしいしいたけができるそうです。
なんとなく、「手間のかからないイースト菌より、天然酵母」のdavidのポリシーと
共通するものを感じます。^^

davidは、この素晴らしいしいたけの味を最大限に生かすために試行錯誤しました。
結局、ほとんど手を加えないのが一番!という結果にたどり着き、
味付けは塩こしょうと、最後に一刷毛のオリーブオイルのみ。
しいたけがトマト風味のパンの中でふんわり蒸し焼きになり、
しいたけの風味がパン生地にも移って、なんともいえない相乗効果が生まれています。

わたしたちにとっても、思い入れの深いパンです。
このしいたけと出会うきっかけを作ってくれた友人と、
定期的に「トマトしいたけとワインの夕べ」を開いているぐらいなのです。
みなさんもぜひ、ワインとトマトしいたけ、一度お試しください。
[PR]
by davidpain | 2008-10-23 19:55 | パンのメニュー | Trackback | Comments(3)
はじめてのお客様へ
以前にも何度か書いていることなのですが、
初めての方にもぜひお伝えしたいことを書かせてください。

davidpainのパンやお菓子は、パン職人のdavidが毎日一人で手作りしております。
パンはすべて、自家製の天然酵母によるものです。
パン作りは前日の仕込みから始まります。
イースト菌のパンとは違い、天然酵母のパンは発酵に時間がかかるため、
一晩寝かせる必要があるからです。

そのため、営業中に売り切れたパンを作り足す、ということはできません。
前日に仕込んだ生地を当日の朝に焼ききったら、その日のパンはそれで終わり。
その後はdavidはまた次の日のパンの仕込みに取り掛からなければなりません。

パンのご予約は前日のお昼までにお電話ください、とお願いしているのも
同じパンを5つ以上お求めの際はご予約ください、とお願いしているのも、この理由からです。

それから、パンもお菓子もたった一人で手作りしているため、毎日作れる数には限りがあります。
本来なら営業時間いっぱいまで営業するべきなのですが途中で売り切れて閉店することもあります。
どうぞご理解いただけますように!
その代り(といっては何ですが)、開店時間の7:30にはすべての商品をそろえてお待ちしております!
それから、できるだけご来店くださったお客様を優先させたいので、
当日のお取り置きは原則としてお引き受けできませんのでご了承ください。

また、ご来店の際にはぜひお買い物袋をお持ちください。
できるだけ過重包装にならないようにしております。
地球環境のためはもちろんのこと、
過重な包装をすることによってパンの単価が上がってしまうのは本当に残念なことです。
フランス人にとって、パンは日常的な食べ物です。
値段も日常的に食べていただける値段でなければならない、とdavidは考えていますし
だからと言って、パンの質だけは絶対に下げるわけにいきません。
どんなに飾り立てたところで、そのパンの持つ味は何らかわりないのです。
できるだけ無駄をはぶいて、その分をパンの質の向上にまわしたいと思います。
お客様の中には、パンかごやタッパーなどをご持参くださる方がたくさんいらっしゃって、
わたしたちはそれを心からうれしく思っております。

最後に、パンとお菓子の材料について。
保存料、着色料、改良剤、などなど添加物は一切使用しておりません。
現在、フランスパン系の生地には北海道産の粉を使用しています。
(もうすぐつくば産の粉になりますのでお楽しみに!)
塩は沖縄のしままーすとシチリア産の岩塩を、作るものによって使い分けています。
お水は浄水したものを使っています。
お砂糖、ライ麦、全粒粉、レーズン、くるみ、白ゴマ、黒ゴマ、あんこ、抹茶、コーヒー、しいたけはオーガニック、
サンドイッチ、ピザ、キッシュなどに使用している野菜もほとんどがオーガニックまたは低農薬のものを使用しております。(野菜は地元の農家さんより直接購入しています)
今後も、みなさんにとって安心でおいしいパンを提供できるように
日々努力していきたいと思っております。

なにやらお願いをたくさん書き連ねましたが、
お客様からのご意見やご要望にも、できるだけお応えしたいと思っております。
気がついたことや、リクエストなどがありましたら、ぜひお伝えください!
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております!
b0116902_204597.jpg

[PR]
by davidpain | 2008-10-22 20:19 | ご連絡 | Trackback | Comments(6)
davidpainの焼き菓子紹介 ①
davidpain定番の焼き菓子のご紹介です。

開店当初から今もずっと、一番人気がある焼き菓子はこちら。
カヌレ¥60 
b0116902_1758063.jpg


フランスはボルドー地方の伝統的なお菓子。
カスタードクリームに似た濃厚な生地を型にいれて、
オーブンで1時間ぐらい焼きます。
周りの真っ黒い色は、キャラメリゼされたお砂糖の色。
中はしっとりクリーム色。

davidpainで使用するお砂糖はすべてオーガニックです。
「お菓子は甘く!」という基本姿勢で作っていますが
オーガニックのお砂糖の、ゆっくりと広がる味わい深い甘さで
食べ始まると止まらない、というカヌレファンがたくさんいらっしゃいます。

一口サイズでたくさん作っていますが、一度に10個以上をお求めの際は
前日のお昼までにご連絡くださいますようお願い申し上げます。
[PR]
by davidpain | 2008-10-21 06:19 | パンのメニュー | Trackback | Comments(7)
davidpainのパン紹介 ③ ~simple et bon~
カンパーニュ ¥220
b0116902_714249.jpg


カンパーニュ レザン ¥250
b0116902_7161371.jpg


フランスでは、フランスパンの生地(小麦粉と塩と水と酵母)にライ麦を加えたパンを
「カンパーニュ」と呼びます。
davidpainでは、オーガニックのライ麦を2割混ぜています。
カンパーニュとはフランスで「田舎」の意味です。
その名の通り、フランスの農村で、温かい家庭料理とともにカンパーニュが食卓にならぶ光景が目に浮かぶような、ちょっとなつかしい感じのするパンです。
フランスパンよりも香ばしくて、くせのある食べ物ともよく合います。
まさに、チーズとワインにぴったり!!
カンパーニュとチーズとツナサラダやポテトサラダを持ってピクニックに出かけるときは
カンパーニュが一人一つでは足りなくなる我が家。

オーガニックのレーズンを練りこんだりトルコ産のいちじくを練りこんだものは
意外とブルーチーズによく合いますよ!

その他、カンパーニュの生地を使ったdpの商品は以下の通りです。
今後も様々なバリエーションが生まれそうなパンです。

カンパーニュツナトマト(ツナ・トマト・玉ねぎ・マヨネーズのサンドイッチ)¥310
カンパーニュいちじく ¥250
カンパーニュブロッコリー ¥160
[PR]
by davidpain | 2008-10-20 07:30 | パンのメニュー | Trackback | Comments(0)
ベトナム風
パリでよくdavidと行ったベトナム料理屋さん。
パリは昔フランスが植民した国からの移民が多く、
特に13区はいわゆる中華街として知られていますが
実はベトナム人が多いそうです。
b0116902_5493763.jpg

これはわたしたちが大好きだったベトナム風クレープ。
レタス、ミント、シソの葉っぱで、パリパリの皮ごと中のもやしやらエビやらを
ぐるぐる巻いて甘酸っぱいタレにつけていただきます。

中華街のスーパーでも一度、ベトナム風クレープの粉、
というものを見つけて家で試したけれど、これが全然パリッといかず。
つい最近、無印良品でも「ベトナム風お好み焼きの粉」を見つけて
無性に食べたくなり、ゆうべ試してみました。
これがまた全然違った。。。
パリパリとはほど遠く、むしろもちもち。
見た目はdavidも「おぉ!」と喜ぶ出来だったのに、食べてみたらがっかり。

あのお店のパリパリが独特だったのかしら・・・?
どなたかベトナムでこの料理を食べたことのある方にお聞きしたい。
またはつくばでこのお料理が食べられるお店ってないかしらん?
[PR]
by davidpain | 2008-10-14 06:19 | ひとりごと | Trackback | Comments(8)
今週の予定
今日はとてもさわやかな一日でしたね。
先週までの月曜は、3週連続で雨でした。
私たちにとっても久しぶりの晴れの休日。
みなさん、楽しい連休をお過ごしになったことでしょう!

先週に引き続いてフランはかぼちゃだそうです。
先週はごんべえ農園さんのズッキーニが再開したので
ズッキーニのキッシュをお出しすることができました。
今週もズッキーニが届けばキッシュにします。
ブロッコリーも届きそうなので、
久しぶりにカンパーニュブロッコリーを作るそうです。

まさに収穫の秋、農家さんから届くお野菜が充実しています。
ぜひぜひ旬の野菜+パン(またはお菓子)にトライしてくださいね。
[PR]
by davidpain | 2008-10-13 18:23 | パン | Trackback | Comments(0)
食べ物の正体
我が家のエンゲル係数は高めです。
決して贅沢なものを食べているのではありません。
我が家の食卓に上がるものはいたって質素。笑
質素だけれど「豊かだなぁ」と思います。我ながら。笑
「これはあの人が作ってくれた白菜、これはあの人が作ってくれたお米」
と顔を思い浮かべられると、ますますおいしくなるものです。

正体が明らかでない食べものを避けると、食費が自然に上がります。
「この味噌の大豆は大丈夫?このお豆腐の大豆は大丈夫?」
「このカタカナの添加物は一体なんだろう?」
「この野菜にはどれぐらいの農薬がかかっているんだろう?」
「この牛乳の牛は、何を食べて育ったんだろう?」
 。。。

と、考え始めたらきりがありませんし、いちいち真剣に悩んでいたら飢え死にしそうです。

だから、いちいち考えなくても済むように、信用できる農家さんからお野菜を買ったり
お米を買ったり、お味噌を買ったりしています。
それから、信用できる宅配を利用しています。
もちろん、急に必要になったらスーパーで買い足すこともありますが、
そんなときは、できるだけ正体不明なものを買わないようにしています。

食べ物によるさまざまな健康被害が問題になっていますが
「少なくとも家族は問題の食品を口にしていない」し、
「davidpainのお客様にも提供していない」という確信が持てることが
今までもこれからも私たちにとって大切なことだと思います。

世の中、いろんな価値観があります。
我が家の場合は、「日常生活の『消費』でもっとも重要なもの=食べ物」です。
一番、命にかかわることだからです。
自分たちの命、農家や、良いものを作り続ける職人さんたちの命、
はたまた地球環境の命、みんなにかかわる問題だと思うからです。
だから今後も、食べるものにはこだわって、きちんと選んで消費しようと思います。

と、長くなりましたが、わたしたちの持つ食べ物への意識です。
davidpainのパンももちろん、同じ意識を持って作っています。
まだまだ理想には程遠いけれど、今後も可能な限り正体不明なものを排除していきたいと思います。

*10月から、一部のパンの値段を10円ずつ上げさせていただきました。
  値上げ分も、みなさんに「安心と満足」で還元できるように努めたいと思います。
[PR]
by davidpain | 2008-10-10 06:20 | お店 | Trackback | Comments(5)
秋の醍醐味
とても親切にしていただいているご近所さんから、
岩手直送の秋刀魚と、手作りの栗ご飯のおすそわけをいただきました。

この秋一番の我が家のごちそう。笑
4時頃持ってきていただいて、4時半には食べ尽くしてしまいました・・・。
おととい、コルシカのdavid両親から届いたいちじくのジャムとチーズといい、
毎晩ビールやらワインやらが恋しい秋の夜長。。。

残念ながらただいま禁酒中。涙
[PR]
by davidpain | 2008-10-09 18:19 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)