「ほっ」と。キャンペーン
Top
david pain日記
davidpain.exblog.jp
<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
太陽の恩恵
先日、近所の方がお庭でなったブルーベリーを持ってきてくださって、おいしくいただきました。
もちろん、酸っぱいのもありましたが、粒の大きいのは甘くて味がしっかりついていました。

その後、同じ方がブルーベリーの枝が折れてしまったので、飾る?と枝を持ってきてくださいました。お店の窓際に飾ってあります。
ブルーベリーがこんな風になるのを見たのは初めてでした。
青い実、色づいてきてうっすら紫がかった実、濃いブルーになった実、青々とした大きな葉っぱ。見ているだけでもとても素敵な植物ですね。

あまり太陽に当たっていないのに、実は日に日に濃いブルーになっていくので、干からびる前につまみ食いをしているのですが、これがぜんぜん甘くなりません。水に挿しているだけなので栄養が足りないのかもしれませんが、太陽に直接当たっていないのも原因のひとつでは?と勝手に推理しています。

そういえば、パン屋さんの展示会に行ったときにすごいものを見ました。
「人口太陽で育ったレタス」です。
工場の中で、芽が出てから収穫されるまで一度も太陽の光を浴びることなく育てられたレタスです。
「栄養たっぷりの水栽培なので、土もつかないし虫もつかないので、もちろん無農薬です!」とのこと。「さらに、使う前に洗う必要もなければ水切りをする必要もなく、パン屋さんのサンドイッチに最適です!」と。
そのレタスの栄養源は、人口肥料なのです。浴びる光は人口太陽の光(電気みたいなもの)です。そのレタスに栄養素は少しでもあるのだろうか・・・?とちょっと疑問に思いつつ、サンプルを試食してみました。
葉っぱがとてもやわらかくて、頼りないような味でした。
現代の科学技術はすごいんだなぁ、と感心はしましたが、どんなに便利でもうちではこのレタスは使わない!ということで意見が一致したdavid夫妻でした。
[PR]
by davidpain | 2007-07-28 17:23 | お店 | Trackback | Comments(0)
いいわけ
ダヴィッドやわたしがパソコンを始めると、必ず邪魔をしに来るスミラー。

フランスから持ち帰ってきたノートパソコンでは容量が心もとないので、
父から借りた古いデスクトップのパソコンを主に使っていました。
が、、、
スミラーがキーボードをめちゃくちゃに叩き、フリーズさせること多々あり、
なんととうとう壊れてしまいました!!

パソコンがないとどうにも仕事ができない(帳簿がつけられない)ので、仕方なく新しいパソコンを買う羽目になりました。痛い出費。。。
davidは「新しいパソコンは調子がいいね」と喜んでいますが。

そんなわけでしばらく日記をお休みしていましたとさ。
[PR]
by davidpain | 2007-07-27 22:34 | こども | Trackback | Comments(4)
晴天
b0116902_1946489.jpg
今日は久しぶりの青空でしたね。
やっと梅雨が明けるのかと思ったらそうでもないようですが。。。

わたしたちがフランスに住んでいたころ、夏休みといえばコルシカ島!でした。
四国ほどの大きさの、こじんまりとした島で、その気になれば一日で一巡りするのも可能です。
が、海、山、小さくて古くて魅力的な村、すべてを堪能しつくすには1ヶ月あっても足りないぐらいの、宝箱のような島です。

コルシカ島は『ils de beaute』(イル ド ボーテ)美の島と呼ばれているのです。

コルシカ島のことも、だんだんにご紹介していきますのでお楽しみに。
[PR]
by davidpain | 2007-07-24 19:54 | コルシカ | Trackback | Comments(0)
演技派
怪獣スミラーは最近、演技することを覚えました。

熱いコップに手を触れて、「あちっ」と言いながら手を引っ込めて胸の前で手を合わせる仕草を覚えて、それからは熱くないものに触ってもそれをやります。
顔もちゃんと「おー熱かった!」と言わんばかりのびっくり顔をして見せるので、本当に熱かったんだろうか?といちいちだまされてコップの温度を確かめてしまいます。

今もわたしの横でパソコンに触って「あちっ」っとやってはわたしが笑うのを待っています。
[PR]
by davidpain | 2007-07-21 16:36 | こども | Trackback | Comments(3)
お願いいたします
最近、はりきって新しいパンを増やしている一方で、お休みせざるを得ないパンも増えてきました。毎日全種類は作れないためです。
そこで、みなさまにお願いいたします。
「前はあったのに・・・」というパンはどんどんリクエストしてください。
予約をしていただければ、お店に出ていないパンでもお作りします。

それから、「すみれ」(あんこを練りこんだ食パン)は、しばらくは予約販売のみとさせていただきます。

ご予約は、前日のお昼までにお電話でも店頭でもお申し付けください。
[PR]
by davidpain | 2007-07-21 16:12 | ご連絡 | Trackback | Comments(0)
クロワッサン
b0116902_19324436.jpg
ダヴィッドパンのスター選手はクロワッサン。
こんなクロワッサン食べたことない!とたくさんのお客様からご好評をいただいています。
「ダヴィッドがフランス人だから」というのは必ずしも「ダヴィッドパンがおいしい」という第一の理由にはならないと思います。
でも、日本人なら外国人よりはおいしいおにぎりの味を見分けられると思うし、それと同じように、ダヴィッドは小さなころから食べ続けてきたパンの量が日本人とは比べものにならないので、その点でバゲットやクロワッサンのおいしい味をちゃんと分かっているのは間違いないと思います。ダヴィッドには目標とする味があって、毎日そこに到達できるようにがんばっているので、バゲットとクロワッサンのおいしさは本当に自信を持っておすすめ出来るのです。

パリでは、仕事に行く途中の背広のムッシューやシックなスーツのマダム達でさえ、朝パン屋さんに立ち寄って買い食いしながらバスを待ったりしています。
パリのパン屋さんに行ったら絶対クロワッサン!とおすすめしたいのは山々ですが、でもどんなパン屋さんでもいいというわけではないのでご注意ください。
フランスでは、パンの需要があまりに多く、適当にやっているパン屋さんでも結構売れるので、舌の肥えた日本人的にはがっかりさせられるようなお店も多いのが事実です。これはパン屋さんに限らず、レストランも然り。
わたし店番は、パリであちこちのクロワッサンを食べ比べました。
最初は何でもおいしかったけれど、慣れてくるとなかなか本当においしいクロワッサンには遭遇できないことがわかってきました。バゲットもそうなんですけどね。
パリの超有名店でも、クロワッサンを卸す会社から仕入れたものを置いていたりして。。。

ダヴィッドのクロワッサンはわたしの中で3位以内に入るおいしさです。
天然酵母の量がたくさんなので、ただのサクサクにとどまらず、中がモチモチでほんのり甘いのが特徴です。
だまされたと思って一度お試しください。
[PR]
by davidpain | 2007-07-20 20:01 | パン | Trackback | Comments(2)
バゲット
b0116902_2123386.jpg

ダヴィッドパンの代表選手はやっぱりバゲットです。
お米で言ったら白米のごはんです。
時々、「硬いんでしょう?」と聞かれますが、いつも返答に困ります。 
硬いかなぁ・・・?
その日焼いたバゲットなら、外側はパリパリ、中はもちもちやわらかです。
あんまり「フランスパン=硬い」という発想に賛成できないわたしはへそ曲がりでしょうか?

確かに、日を置くとだんだん硬くなってきます。
フランス人の中には、次の日の硬いバゲットが好き!というマニアックな好みの人も結構いますが、その日のうちに食べきれない時は、密封できる袋に入れて冷凍するのがおすすめです。
食べるときにオーブントースターで軽く焼けば、ちっとも硬くないですよ。

次の日のバゲットの食べ方でおすすめなのが、薄くスライスしてオーブントースターでカリカリに焼いて、スープに乗せて食べる方法です。野菜のポタージュでも、魚のスープでも、ミネストローネでも、オニオングラタンスープでも、我が家ではこれを乗せて、さらにその上にパルメザンチーズをかけて食べます。

もう一つ、サイノメに切ってにんにくとオリーブオイルで炒めて、野菜サラダに乗せてパルメザンチーズをかけて食べる!これも簡単でおいしいです。

オーソドックスにフレンチトーストもいいですね。

コチコチになってしまったら、おろしてパン粉にする!という素晴らしい方もいらっしゃいます。
我が家では放って置かれてコチコチになったパンは、プチダヴィッドパンのお客様(すずめ)に食べてもらっています。
これで無駄なしです。
[PR]
by davidpain | 2007-07-19 21:47 | パン | Trackback | Comments(5)
にょきにょき
お客さまからのいただきもの植物シリーズ。
バジルの種まきセットをいただきました。
種をまいて2日後には小さな芽が出て、1週間でにょきにょきとこんなにせいちょうしました。
b0116902_2175820.jpg
そろそろ植え替えをして間引きもしないと全滅しそう。
いつか自家製バジルのサンドイッチを作るのが夢です。

先月まいたカモミールは、やはり3日後ぐらいに大量に芽を出していたけれど、その3日後に全滅していたのです。これは太陽に当たりすぎたせいかもしれませんが残念でした。

近所の方から株分けしていただいた良い香りのミントは、周りの花を覆い尽くすようにしてぐんぐん成長して頼もしい限りです。抱えるぐらいたくさん切って、水洗いして、洗濯ネットに入れてミント風呂にしています。夏はミントのスースーする香りがなんとも言えず、効能はわかりませんが、とにかくスキッとして気持ちがいいですよ。
実家ではミント風呂の他に、どくだみ風呂をよくやりました。あのにおいが逆に肌によさそうな気がして、これまた気分が良かったです。良薬口に苦しです。(笑)
[PR]
by davidpain | 2007-07-19 21:21 | お店 | Trackback | Comments(2)
幻の夏休み
そろそろ学校は夏休みですね。
davidpainはといえば、、、しばらく夏休みなしです。

昨日はたくさんパンが売れ残り、davidは「おいしいのに。。。」と落ち込んでいました。
今朝も午前中いっぱいはのんびりムードで、davidは落ち込みっぱなし。
「来週は夏休み!お店休もう!」
と宣言しておりました。

しかしお昼からたくさんお客さんに来ていただき、今日は完売することができました。
閉店後に「夏休みは?」と聞くと、「9月?」と。。。

結局、夏休みは未定です。

davidは毎日一喜一憂しています。
私店番は、そうでもありません。
毎日お店を開けていれば、波があって当然だということぐらいはこの4.5ヶ月で学びました。
でも、davidは相変わらず一喜一憂しています。
本人は分かっていてもどうしようもないみたいです。

davidとわたしのこの温度差は一体・・・?と考えてみて、当たり前のことに気がつきました。
わたしはパンを作っていないから冷静なのです。
わたしがまだ眠っている間に、davidは前の日に準備した生地を「よしよし、よく育ったね」などと言いながら(想像)、一つずつ切って量って丸めてまた寝かせてギターを聞かせて、そして焼くのです。
毎朝たくさんのパンをお店に並べるのは私店番の仕事ですが、あまりにたくさんあるので、それらすべてをdavidが手で丸めたり伸ばしたり切ったり粉を振ったりしたものだということを、完全に忘れていました。
2日がかりで作った手料理を、食べてくれる人がいなかったらそれはそれは残念に思うだろうな、と気づきました。

「残ったパンはわたしが食べるから大丈夫!」と励ますと、「もっと太るよ」と・・・(涙)
でもまぁ、一人でがんばっているのだし、思う存分一喜一憂させてあげようと思います。
あまりに憂が多いときには夏休みをいただいて、また元気に再スタートします。
[PR]
by davidpain | 2007-07-18 22:25 | お店 | Trackback | Comments(4)
みなさまにお知らせです
明日、7月17日(火)はブランコすみれお休みさせていただきます。
どちらも人気のパンなので、お好きな方、大変申し訳ありません。(あんこ待ちです)

それから、少し先の話ではありますが、8月7日(火)は出席しなければならない講習会があるため、お休みさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。
[PR]
by davidpain | 2007-07-16 17:21 | ご連絡 | Trackback | Comments(2)