Top
david pain日記
davidpain.exblog.jp
カテゴリ:ひとりごと( 93 )
もうすぐ春
b0116902_21303286.jpg


お客様からいただいたお花。
節分を過ぎたから、春のお花、と。
そうか、もう春か。。。

こどものころから、春は嫌いでした。
慣れ親しんだクラスの友達、先生、教室、
よれよれになって、やっと良い感じになってきたように思われた教科書、
ようやく楽しめるようになってきた係の仕事。。。
そんなのを全部、またゼロに戻す春。
4月は本当に気が遠くなることばかり。
こどものころは、それがいづれ「花粉症」と呼ばれることも知らなかったけれど、目がかゆくて瞼が切れるほど掻いたのも、ほっぺたが真っ赤にただれたのも春。

もう、教科書を早くよれよれにしなきゃ、と焦る必要のない歳になったけれど、
やっぱり3月になると「4月から遠い街に引っ越します」というお客さまとのサヨナラがとてもつらいです。
でもこれは、今生の別れではない!
と自分に言い聞かせて、べにふうき緑茶を飲みながら、なんとか春をやり過ごします。

この春色のお花たちを見ていると
「春には、また新しい良いこともきっとあるよ、」
と、励ましてもらっている気がしてきます。

歳はどんどん取るのにな。。。
[PR]
by davidpain | 2013-02-06 19:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
春です。
まだまだ寒は戻りそうですが、春一番どころじゃない嵐も通り過ぎて、もう桜も咲き始めて、誰が何と言おうと春ですね。

昨日の朝は咲いていなかったdpの桜は、一日中こどもたちと福岡堰で遊んで帰宅したら5つぐらいの花が開いていました。
じっと見つめていたら、開くところもスローモーションのように見えるだろうか?と本気で思ったうららかな一日でした。
桜が咲くとき、音がすればいいのにね、とはお友達談。
本当にね。
b0116902_651711.jpg


生まれて初めて、白いタンポポを見ました。

b0116902_674149.jpg

[PR]
by davidpain | 2012-04-06 05:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
花の季節
b0116902_9123134.jpg


いただいてからすでに一週間。
たぶんフランスにちなんだ素敵な名前のついた薔薇。
(Davidがいただいたときに教えてもらったのに、忘れてしまった。。。こらっ)

少しずつしか花弁がゆるんでいかなくて、
このまま枯れてしまったら残念だ、と思いながら
毎日ゆっくりした変化を楽しんでいます。
大きく開くことのない種類の薔薇なのかな・・・?
中心の薄紫色と、微かな芳香がなんともおしとやかで素敵です。


さて、こんな花ばかりなら大歓迎ですが
花粉をまき散らす、困りものの花も咲いているようで。
雨続きだというのに、ここ2日間は花粉症で文字通り頭が痛いです。

顔の皮をはがして、首から上を分解して部品を一つづつ洗浄したい。
表面の痒さは、掻けばいいからまだましで、
顔やら喉やら眼球やらの奥の方から湧き上がるムズムズは
いくら顔をかきむしったところで治まらず。。。

これで晴れたらわたしは一体どうなってしまうんだろう?
と、今日もメチル化カテキン入りのべにふうき緑茶を飲みつつ。
きっと、うんうん、わかるわかる、と読んでくださる方も多いことだろうなぁ。。。
なんとか乗り切りましょうね!!
[PR]
by davidpain | 2012-03-10 09:25 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
稲刈り
つくばの稲刈りが進むのを横目に、
いちおう我が家のバケツ苗の稲刈りのタイミングを見計らっていました。

どうも稲の穂の中が空っぽだ!と気付いてから
少々モチベーションが下がり気味でしたが、
一粒でも二粒でも採れれば万歳!と思って始めた米栽培。
b0116902_16193621.jpg

とりあえず全ての稲刈り(剪定バサミで)をし、
一粒一粒、指で米の入っている籾をつまんで取り、
b0116902_1839127.jpg

お皿にこれだけ採れました。。。

これだけ??
とは決して口に出さず(笑)、次は脱穀。
離乳食作りに大活躍して以来ご無沙汰だった、ちいさな乳鉢とすりこぎでうまくいきました。
米粉にならないように、少しずつ、ゆっくり、殻の採れたコメはいちいち選別して別容器に移しながら。
菫と2人がかりで、ここまで2時間。

とうとう出来た、我が家の玄米!!
b0116902_18452332.jpg

20g net.

さてさて、これをどうやって炊こうか。笑
菫が、どうしても白米と混ぜてくれるなというので、無理を承知で小さな鍋で炊いてみることに。。。


そして、やってしまいました。
今年たぶん最大の失敗!

鍋に水を多めに入れて蓋をして、弱火にかけて、
きれいさっぱり米のことを忘れてしまった馬鹿な私。
菫と機嫌良くお風呂にまで入ってしまいました。
お風呂上がりにふと異臭に気が付き、あわてて鍋を火から降ろすも時すでに遅し。。。
あんなにあんなに苦労して食べられるところまでたどり着いた米は、見事に焦げてました。
菫がそれを見たとたん、「あーーーーん!食べたかったのにーーーー!」と大泣き。
わたしも一緒に泣きたかったけれども、いや待てよ、食べてみる?
と真っ黒じゃない米を食べてみたら、ちょうど玄米茶の米みたいに香ばしくて美味しい。
(負け惜しみ??いやいや、本当に美味しかったです)
こどもたちと、薄茶色の御煎餅のような玄米をカリポリカリポリ食べて満足。


やっぱり白米に混ぜて炊くんだったなぁ。。。
[PR]
by davidpain | 2011-09-25 16:19 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
解禁!
もうちょっと熟成させたかったけれど、冷蔵庫のが切れたのだから仕方がない。

ちょうど8か月前に仕込んだ、手前味噌、解禁しました。

b0116902_1631451.jpg

before

で、

b0116902_16322436.jpg

b0116902_16335559.jpg

これがafter。


いやはや感激しました。

6月の天地返しも、すっかり忘れたふりでスルーし、得意のほったらかし。
実はカビやら虫やらの地獄絵図を想像していたので、
表面にはご丁寧にちゃぁんと溜まり醤油までできていて、
しかもばっちり美味しいのに驚きました。
畑も然りですが、ほったらかしの仇を常に恩で返してくれる自然の力に感謝です!!

まずは今夜はきゅうりのお供に、
明日は味噌汁と味噌おにぎりにしてみようと思います。

これだけで元気が湧いてきました。^^
(いつも元気ですが)
[PR]
by davidpain | 2011-09-16 16:40 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)
王冠

今朝は久しぶりの本降り。

雷が鳴って、娘たちが「コワイよー」としがみついてくるのを振り切って(笑)
窓から雨がテラスの手すりに落ちてくるのをしばし眺めました。

そのうち耐えきれなくなって外へ。

b0116902_11492375.jpg
b0116902_11493843.jpg
b0116902_11495853.jpg


シャッタースピードを変えながらたくさん撮ったけれど
一瞬で消えていく無数の完璧な王冠たちの姿は
わたしのカメラには一つも残りませんでした。

雨に濡れるのを嫌がっているうちは駄目なのね。。。
何はともあれ、程良く雨が降ってくれると、畑も気持ちも潤います。


さて、今度の日曜日はニコマルシェ!
土浦のニコニコ珈琲さんにて朝8時から11時までです!

来週の水曜日と木曜日と日曜日はdavidの手打ちパスタの日
ですが、、、
自家製ドライトマトもそろそろ底をつき始めました。
頼りにしていた畑のバジルは今年は不作。
バジルソースがあまり出来そうにないので、
今あるトマトが無くなり次第、秋までパスタはお休みになりそうです。
パスタをご希望の方は、まずは電話でご予約くださいませ。
[PR]
by davidpain | 2011-08-19 11:58 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
羽化
*ご注意! 

蝶々が苦手な方は見ないでくださいね。

More
[PR]
by davidpain | 2011-06-22 09:01 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
ある初夏の晩
ゆうべ、洗濯物をかたづけようと洗面所に足を踏み入れて、一瞬固まりました。

あの不自然なほど鮮やかな黄緑色は何??

b0116902_5484522.jpg


最初はこどものおもちゃかと思いました。
プラスチックかゴムでできているみたいにツヤツヤで、
棚に張り付いたままじぃっと動かないのです。

これはもしや、今我が家で流行っている「蟻とキリギリス」のキリギリスでは!
b0116902_5534471.jpg

(Wiki pediaより)

こどもたちと息を殺して観察しました。
(息を殺すことを知らないアナは、大騒ぎしていましたが)
一体、どこからやってきて、どこで羽化したのか。。。
とにかく、本物の「キリギリス」の姿をこどもたちに見せてくれてありがとう。

今朝はいなくなっていました。
アナは起きるなり探しに行って、「いない!」とがっかり。
外に出してあげたかったけれど、自力で出口を探してもらうしかなさそうです。


先に寝ていたDavidのゆうべの寝言は、
「足元にアリがいるから、踏まないように気をつけて・・・」

(我が家では本当に「蟻とキリギリス」がブームなのです。笑)


ちなみに、フランスでは、「蟻とキリギリス」ではなく、
「セミと蟻」というタイトルなので、なぜ蝉なのだ?とずっと思っていました。
ゆうべの黄緑色のお客さんに触発されて、少し調べました。
イソップ物語のオリジナルではセミだったようです。
日本まで伝わるうちに、なじみ深い虫と置き換えられたそう。
(イソップ物語がギリシャ発だってことも知りませんでした!)
[PR]
by davidpain | 2011-06-11 06:01 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
ある初夏の朝
b0116902_1127122.jpg

朝陽と田んぼと高速道路って、おかしな組み合わせだけどきれいでした。
だけど携帯のカメラではね。。。

菫の幼稚園のお友達が森でつかまえたメダカをもらって、
我が家のバケツ田んぼに入れて、
「ボウフラ対策はこれで万全!」とほくそ笑んだのもつかの間。
翌朝にはメダカたちが忽然と消えてました。
のらねこかなぁ・・・。
ボウフラ対策が目下の悩みです。
[PR]
by davidpain | 2011-06-07 11:35 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
5月
b0116902_6312432.jpg

連休中、風邪を引いてしばらく実家のある常陸太田市で静養していました。
その間Davidはつくばに残り、一人で営業をしていました。
もとはといえばDavidにもらった風邪菌だけれど
Davidはちゃんと定休日に罹って営業日に治るところがすごい!(笑)

ゴールデンウィークといえば、田植え。
残念ながら田んぼには入ったことすらないのですが
田植え時期の田んぼは本当に美しくて、毎年この季節が大きな楽しみです。
水が満々とたたえられ、一面澄んだ湖のようになって、
そこに(わずかながらの)街の灯が映ってさざ波が立っていたりする夕暮れは
涙が出そうになります。

黄緑色の塊を持った、小さな農夫たちが背を丸めてさらに小さくなって、
一歩一歩、広い田んぼを大きな草原に変えていく、田植えの様子もまた素晴らしい。

自分で作ったお米は、さぞかし美味しいのだろうなぁ、とあこがれます。
b0116902_6313546.jpg

とりあえず今は、たくさんの芽が出た自分達の小さな畑を楽しみます。
[PR]
by davidpain | 2011-05-05 06:48 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)