Top
david pain日記
davidpain.exblog.jp
いよいよ、コルシカワインに新しい仲間が!
b0116902_1513463.jpg


じゃーん!

ダヴィッドの故郷、コルシカ島の自然派ワインドメーヌ、「クロ・フォルネリ」から、新しい仲間がやってきました。

「シオス・フォルネリ」 (白) と 「ステラ ローズ」(赤)の二種類です。
明日、8日の日曜日から販売開始いたします。それぞれ限定15本ずつですので、気になる方はお問い合わせください。

「ステラ ローズ」 赤 2010 
「クロフォルネリ」の当主、ジョゼとファブリスの愛娘さんのお名前を冠したスペシャルキュヴェ。
去年の夏にわたしたちが「クロフォルネリ」を訪れた際に試飲し、「日本にもこれ送ってー」とお願いしたもの!念願かなって、日本の皆様にもお届けすることができます。
b0116902_16162148.jpg

フランス製トロンコニック(円錐形)オーク樽という、特別な樽を使うため、作れる量がとても限られているそうです。年間総生産量1300本。

《収穫,醸造,大切に可愛がられ,蔵元で瓶詰め。親子の歴史を葡萄は語ってくれる。なぜなら葡萄はコルシカの小石の土地に引き継がれる世代間をつなぐ道しるべの糸だから》

「ステラローズ」のラベルに書いてある言葉です。お二人の、ワイン造りに対する深い思いを感じます。


「シオス・フォルネリ」 白 2012
こちらも、相当気合の入った白ワインです。
ドメーヌ名の、「クロ フォルネリ」のクロとは、葡萄畑の意味ですが、それをコルシカ語にすると、シオスなのだそうです。名前からして「お?」と思わせるそのワインの正体は、、、

いまや幻となりつつある、コルシカ島の白葡萄の古代品種、「ビアンコ・ジェンティル」100%!!
年間総生産量、480本。
よくぞ、はるばる日本まで、そして牧園まで来てくれたね。。。と一本一本が愛おしいです。
飲んでみて感動がさらに深まりました。なんという心地良い香りと甘さ。
絶対に消滅しないで生き延びてほしい葡萄。。。


ワインの瓶に、こんなにたくさんのメッセージや想いを詰めてくる、ジョゼとファブリスのワイン造りに、とても心揺さぶられます。

土や水とつながり、様々な命をつなぎ、想いを伝える。
食べ物を作る意味を、あらためて考えさせられます。

去年書いたものですが、「クロフォルネリ」訪問記を、以下に再度アップさせていただきます。
彼らのワイン造りにご興味のある方は、こちらもぜひ、読んでみてくださいね。
[PR]
by davidpain | 2013-09-07 15:57 | コルシカ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://davidpain.exblog.jp/tb/20971833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋到来 clos fornelli 1 >>