Top
david pain日記
davidpain.exblog.jp
コルシカの風景 その5(人)
コルシカ島にヴァカンスで来ていた、元パイロットのムッシューは
「コルシカ島の人は、女性と子供に優しい!これはフランス本土とは比較にならない!」
と絶賛していました。

確かに、今回初めてコルシカ島でベビーカーを押しながら歩きましたが、
道路を横断しようとすると、車がピタリと止まることに驚きました。
そ、そんなに無理やり止まらなくても、、、
と思うぐらい急ブレーキで止まってくれる車も多いのです。笑

それから、本当にたくさんの人から子どもたちについて話しかけられました。

子連れでコルシカ島、おすすめです。

b0116902_82868.jpg

コルシカ島の南部に、ポルトヴェッキオという風光明美な港町があります。
今回はその街へ、数年前に知り合った日本人女性を訪ねて行ってきました。

彼女は、コルシカ島出身の男性と結婚して、ポルトヴェッキオを拠点に
「midorinoshima」という会社を営んでいらっしゃいます。
日本の美味しいお酒をフランスへ輸入したり、
コルシカ島の美味しいものを日本へ輸出したりする会社です。
いつか彼らと一緒にお仕事をして、dpのお客様に美味しいものを提供できたらいいなと思っています。
b0116902_8283720.jpg

コルシカ島へ旅行に行って、急に日本酒が飲みたくなったらポルトヴェッキオへ!!


実はもうひと組、コルシカ-日本人夫婦のお宅に招いていただきました。
欧州空手界の重鎮中の重鎮、フランス空手界の最高位である中橋秀利9段のお宅です!!
中橋先生の奥さまは、コルシカ島ご出身。
davidの両親の住むBastia郊外に、ご家族で住んでいらっしゃいます。
そんな雲の上の方のお宅に、本当に遊びに行ってもいいのだろうか?!
と緊張しましたが、中橋ご夫妻は本当に気さくで愉快で、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

中橋邸の隣に中橋さん所有の貸別荘があり、これまた大変素敵でした。
高台から海やBastiaの港を見下ろす位置にあり、
テラスにいるとまるで空中にいるかのようです。
「日本の方にぜひ泊まりに来てほしいんだよ」
とのことでしたので、ご興味のある方はぜひぜひご連絡ください!!
コルシカ島でのんびりヴァカンスを過ごしたい方に、こんな良い宿は他に無いと思います!!
(今、手元に写真が無いので、後ほど詳細と写真をアップしたいと思います)


b0116902_8491625.jpg

b0116902_8515029.jpg

Furiani de village という小さな村。
ジェノヴァ統治時代から残る石造りの美しい街並み。
迷路のような路地を歩けば、ときどきふいに海と空の青が目に飛び込みます。
b0116902_859915.jpg

「ここは天国?」
外周は、10分も歩けば一周できそうなぐらい小さいのに、
中を歩き出すと、路地、トンネル、階段の連続で、
1時間歩いてもまだ歩き足りない!

この村では、通りすがりのわたしたちが大歓迎を受けました。
村の方たちが、冷たいジュースやら手作りのお菓子やらをふるまってくれました。
b0116902_915684.jpg

お礼に、わたしの父が街角をスケッチしてプレゼントしました。
b0116902_972332.jpg

b0116902_922349.jpg

旅で最も印象深かった場面の一つです。


コルシカ島の人たちは、とても陽気で気さく!
いろんな人とふれ合えばふれ合うほど、旅がより濃厚な思い出に満ちていきます。
[PR]
by davidpain | 2010-07-30 09:11 | コルシカ
<< コルシカの風景 その6(食べ物) コルシカの風景 その4(動物) >>